Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:ゴーゴーサン
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

ジャパンアワードで候補者の募集開始2018年3月23日

一覧へ

・開発途上国の若手農業研究者を支援

 農林水産省はこのほど「若手外国人農林水産研究者表彰」の2018年表彰の候補者募集を開始した。募集期間は5月18日まで。また表彰式は11月6日に行われる予定。

 農水省では、開発途上地域の農林水産業や関連産業の研究開発に意欲的に取り組む若手研究者の意欲向上を図るため、すぐれた功績をもち、将来の技術革新につながるような研究業績をあげた有望な若手外国人研究者に対する表彰を2007年から実施している。原則3名以内に表彰状と1名ごとに5000ドルの報奨金を授与する。
 なお、この表彰制度は甕滋(もたいしげる)元農林水産技術会議会長により設立されたもので、通称ジャパン・アワードとして知られている。
 表彰対象者や応募方法などの詳細は次の通り。

○表彰の対象:
・海外の研究機関または大学に所属し、開発途上国の国籍を有する研究者であること。
・40歳未満であること
・応募する研究テーマが開発途上地域の農林水産業および関連産業に関する研究であること。
○応募方法:応募書類の入手や応募方法の詳細は国際農林水産業研究センターのホームページから。
候補者の推薦は研究機関(国内外を問わず)によるもので、1機関から1名を限度とする。
○ホームページ:若手外国人農林水産研究者表彰 (Japan Award) 2018 | 国立研究開発法人 国際農林水産業研究センター | JIRCAS
○問い合わせ先:農林水産技術会議事務局国際研究官室
○TEL:03-3502-7467

【応募方法について】
○問い合わせ先:同センター情報広報室
○TEL:029-838-6708
○E-mail:jaward2018@ml.affrc.go.jp

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る