左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

福島県産農産物の販売実態で説明会2018年5月11日

一覧へ

農水省の販売不振調査農水省

 農林水産省は5月18日、三番町共用会議所(東京・千代田区)で福島県産農産物の流通実態調査結果にもとづく指導や助言についての説明会を開く。

 この説明会は、東日本大震災を受けて制定された福島復興再生特別措置法にもとづき、福島で生産された農産物などの販売不振の実態を明らかにするため、農水省が実施した「平成29年度福島県産農産物等流通実態調査」の結果を踏まえた指導や助言、考え方などを示すためのもの。説明会の概要は次の通り。

 

○日時:5月18日、午後1時から3時まで。
○会場:農水省三番町共用会議所会議室(東京都千代田区九段南2-1-5)
○内容
(1)平成29年度福島県産農産物等流通実態調査結果について
(2)福島で生産された農産物などの販売不振の実態を明らかにするための調査結果にもとづく指導と助言について
(3)質疑応答
○参加人数:100名
○申込方法:FAXか電子メール。
・FAX:03-3502-0614。宛て先は農水省食品流通課流通構造改善班まで。
E-mail:fukushima_soudan@maff.go.jp
○申込締切:5月17日、午後3時必着。

 

(関連記事)
福島県産農産物の流通で小売業を指導(18.04.27)
消費者の2割が福島産の「安全性に不安」(18.03.30)
脱原発で安全な食料「豊かな国土」再生へ【菅野孝志・JAふくしま未来代表理事組合長】(18.03.20)
東北復興応援フェア開催 3月7日ミノーレで(18.02.26)
【福島原発事故から6年】風評超え産地形成を(17.03.10)
京王百貨店で福島フェア 「福島のブランド知ってほしい」 4月7日(木)~20日(水)(16.04.08)

最新の記事

シンジェンタSP

注目のテーマ

注目のテーマ

クミアイ化学右カラムSP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
ヤンマーPC右上
DiSC右正方形1PC
新世紀JA研究会 課題別セミナー右正方形2PC
JA共済連右横長1PC
JAバンク右横長1PC
JA人づくり研究会右横長1PC
ニューロング右横長1PC
新世紀JA研究会右横長1PC
農協研究会右横長1PC

注目の情報

最近よく読まれている記事

topへ戻る