左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

1~3月の農産物輸出 前年比10.7%増-農水省2018年5月16日

一覧へ

 農林水産省は5月11日、今年1月から3月の農林水産物・食品の輸出実績を公表した。対前年同期比で10.7%増加した。

 輸出実績は2056億円。農産物が1286億円、水産物が682億円、林産物が88億円でいずれも前年同期より伸びた。
 品目別では牛肉(50.6%増)、りんご(49.05%増)などが伸びた。また、日本酒も26.4%増となった。農水省によると日本食人気を背景に堅調な需要があるという。その他の農産物では中国で需要がある植木が38.6%増となった。
 林産物では丸太が中国向けに増え、合板がフィリピン向けに増えたという。水産物ではアフリカ地域向けのサバが増えた。 農林水産物・食品の輸出は平成25年から5年連続で増加し29年実績は8071億円となった。政府は31年に輸出額1兆円を目標にしている。

 

(関連記事)
(073)米国から見た農産物輸出市場としての日本(18.03.09)
農林水産物輸出4.5%増 29年上半期(17.08.21)
農林水産物輸出8073億円 5年連続増加-農水省(18.02.09)
【JAの農産物輸出】JA常総ひかり ベトナムへ梨100トンで所得向上を実現(17.11.30)
国産の農畜産物をPR 第1回〝日本の食品〟輸出EXPO(17.10.13)
輸出促進でJAグループが新法人設立へ(16.05.13)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る