左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

切り花類出荷量は2%減へ2018年5月21日

一覧へ

・球根、鉢もの、花壇用苗も軒並み減農水統計

 農林水産省はこのほど、平成29年産の花きの作付(収穫)面積と出荷量を発表した。

平成29年産花きの作付(収穫)面積及び出荷量(全国)農水統計 これによると、切り花類の作付面積は1万4460ha、出荷量は37億400万本で、前年産に比べそれぞれ130ha(1%)、7700万本(2%)減少した。
 球根類の収穫面積は304ha、出荷量は9110万球となり、同じく、それぞれ13ha(4%)、430万球(5%)減少した。
 鉢もの類の収穫面積は1643ha、出荷量は2億2120万鉢で32haで530万鉢(2%)減少した。
 花壇用苗もの類の作付面積は1401ha、出荷量は6億960万本で、それぞれ49ha(3%)、3970万本(6%)減少した。

(表)平成29年産花きの作付(収穫)面積及び出荷量(全国)
(クリックすると大きな表が表示されます。)

 

(関連記事)
農業景況DIは過去最高を更新 日本公庫(18.03.22)
新たなJAS制度の展開を審議 農水省(18.02.13)
野菜・果樹・花きの農業所得が13.8%増加(17.12.26)
夏秋栽培向き晩成トルコギキョウ3品種を発売 サカタのタネ(17.12.25)
福島の「りんどう」でフラワーアレンジメント教室 大手町・ミノーレ(17.09.06)
夏の暑さに強いトルコギキョウ サカタのタネ(16.10.17)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る