想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

野菜・果樹・花きの農業所得が13.8%増加2017年12月26日

一覧へ

・28年農業経営統計調査(農水省)

 農林水産省が12月21日に公表した28年の野菜作・果樹作・花き作経営についての統計によると、1経営体当たりの農業所得は、いずれも増加したことが分かった。

野菜のイメージ まず野菜作経営のうち、露地野菜作経営(全国平均)をみると、その1経営体当たりの農業粗収益は608万円で、前年に比べ7.9%増加した。これは根菜類等の価格上昇によるもの。農業経営費は365万円で同4.3%の増加。この結果、農業所得は243万円で前年に比べて13.8%増加した。
 また、施設野菜作経営(全国平均)の1経営体当たりの農業粗収益は1281万円で、前年に比べ6.0%の増加。これは果菜類等の価格上昇によるもの。一方、農業経営費は729万円で同2.4%増。この結果、農業所得は552万円となり、前年に比べて11.2%増加した。

(写真)野菜のイメージ

 
 果樹作経営(全国平均)の1経営体当たりの農業粗収益は609万円で、前年に比べて8.1%の増加。これは温州みかん収入等の増加によるもの。農業経営費は362万円で、同1.9%の増加。この結果、農業所得は247万円となり、前年に比べて18.7%増加した。
 花き作経営をみると、露地花き作経営(全国平均)の1経営体当たりの農業粗収益は697万円で、前年に比べ2.9%増加。露地切り花収入の増加が数字を押し上げた。農業経営費は443万円で、前年に比べて4.3%の減少。この結果、農業所得は254万円となり、前年に比べて18.4%増加した。
 一方、施設花き作経営(全国平均)では、1経営体当たりの農業粗収益は1543万円で前年に比べて0.1%減少した。これは鉢物の収入が増加したものの、施設切り花の収入が減少したことによるもの。また農業経営費は、1084万円で、同2.4%の減少。この結果、農業所得は459万円となり、前年に比べて5.6%増加した。

 

(関連記事)
「ミネクト(R)デュオ粒剤」抜群の防除効果が育苗センターを変えた(17.12.18)
ガバナンス、営農指導、合併の成果―JAおきなわ(2)(17.12.01)
秦野産の魅力を発信/農業まつりに2万9000人来場 JAはだの(神奈川県)(17.11.29)
【インタビュ―長澤豊・JA全農経営管理委員会会長】あらゆる力を結集し確実に成長する全農(17.09.08)
【JA共済大賞に輝く3JAの取り組み】 地域・次世代との絆を強め 信頼と助け合いの心を育む(17.05.18)
小規模でも地域に農業を定着させる JAとぴあ浜松「とぴあ園芸教室」(17.05.10)

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る