左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドPS:バスタ液剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

国研協会長に中鉢良治・産総研理事長2018年7月10日

一覧へ

 国立研究開発法人協議会(国研協)は6月6日に開催した総会で、会長と副会長の任期満了に伴う改選を行い、新会長に中鉢良治産業技術総合研究所理事長を選任した。

国研協の中鉢会長 中鉢新会長は、就任にあたり、副会長に松本紘理化学研究所理事長、久間和生農研機構理事長、平野俊夫量子科学技術研究開発機構理事長の3名を指名した。なお、久間副会長は連携協力分科会長、平野副会長は運営課題分科会長をそれぞれ兼任する。
 国研協は平成28年1月に国内すべての国立研究開発法人31機関が結集して発足。その後の統合などにより、7月6日現在、27機関が所属している。研究開発や人材の交流、育成、法人運営面で密接に連携協力することで、それぞれの研究開発推進能力の一層の向上を図り、わが国科学技術の水準の向上とイノベーションの創出に寄与するために、活発な活動を行っている。
 中鉢新会長は「より緊密な連携を図ることで、国立研究開発法人の科学技術力を結集すべき課題を明確にし、その解決に邁進していきたい」と抱負を語っている。

(写真)中鉢新会長

 

(関連記事)
晩生で多収の新品種「あきあかね」を育成(18.06.27)
農業水路の魚の棲みやすさを「見える化」(18.06.21)
高温に強いリンゴ育成「紅みのり」と「錦秋」 農研機構(18.06.13)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る