農政 ニュース詳細

2018.07.13 
農林水産被害 232億円に-7月豪雨一覧へ

 7月豪雨による農林水産関係の被害は7月12日19時現在のとりまとめではさらに拡大し同日朝より100億円以上増え、232億円となった。

 被害は34道府県から報告があがっている。
 農作物の被害は28道府県から報告があり、被害面積は1万2670ha(前回9640ha)となった。
 柿、茶、ブドウ、栗など樹体の被害は6府県、49ha(同8ha)、農業用ハウス等は18府県、505件(同457件)、畜産用施設は8府県、30件(同29件)、共同利用施設は広島と愛媛の2件で25件(同7件)の被害が出ている。そのほか、新たに家畜の被害が広島と愛媛で30頭羽報告されている。
 農地の破損は27道府県で2067か所(同758か所)、農業用施設の被害は29道府県で2343か所(同661か所)となっている。農業関係の被害額は82億円(同28億6000万円)となった。
 林野関係は146億1000万円(同78億3000万円)、水産関係は4億円(同4億円)で合計で232億円1000万円となった。

 

(関連記事)
30年7月豪雨でプッシュ型の緊急支援実施(18.07.13)
豪雨被害地域では病害虫の早期発見・適時防除を(18.07.13)
農林水産被害 110億円-7月12日現在(18.07.13)
農林水産関係被害 74億円-7月豪雨(18.07.12)
平成30年7月豪雨で特別相談窓口を設置 日本公庫(18.07.12)
農林水産関係被害 74億円-7月豪雨(18.07.12)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ