Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

平成30年7月豪雨で特別相談窓口を設置 日本公庫2018年7月12日

一覧へ

 日本政策金融公庫(日本公庫)は今回の「平成30年7月豪雨」で被害を受けた中小企業や小規模事業者、農林漁業者などを対象に「特別相談窓口」を設置し、災害復旧に向けた貸し付けなどの取り扱いを開始した。

 中小企業や小規模事業者向けの相談窓口を設置したのは高知、岐阜、京都、兵庫、鳥取、岡山、広島、愛媛の8府県。また農林漁業者など向けの窓口は、本店と上記8府県に加えて、北海道、滋賀、大阪、山口、徳島、佐賀、鹿児島の7道府県に設置、すでに相談業務を開始している。

日本公庫による農林漁業者向け融資制度

 

(関連記事)
豪雨被害 政府備蓄米の支援も準備(18.07.11)
水田域の豪雨被害リスクの評価手法を開発 農研機構(18.07.11)
ため池決壊7か所 1名死亡-西日本の豪雨(18.07.09)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る