左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農林水産関係被害 74億円-7月豪雨2018年7月12日

一覧へ

 農林水産省がまとめた平成30年7月豪雨の農林水産関係被害額は7月11日9時現在で73億6000万円となった。農作物の被害は全国21道府県から報告があり8700haあまりとなっている。ただ、広島県、岡山県、愛媛県などの状況はまだ報告に含まれていない。

 農林水産関係全体では現在32道府県から被害報告がある。
 農作物の被害は8762ha。野菜、果実、米など品目は多数に及ぶ。その他、柿、茶、ブドウなどの樹体への被害が4府県で8ha出ている。農業用ハウスは16府県448件、畜産用施設は6府県16件の被害が報告されている。
 農地の破損は17道府県で476か所、農業用施設は19道府県で359か所の被害が報告されている。農業用施設にはため池の決壊7か所も含まれている。農業関係の被害額は11億2000万円となっている。
 林野関係では林地荒廃など59億3000万円。水産関係は1億5000万円。合計で73億6000万円となった。農林水産省は引き続き調査中。

 

(関連記事)
平成30年7月豪雨で特別相談窓口を設置 日本公庫(18.07.12)
豪雨被害 政府備蓄米の支援も準備(18.07.11)
水田域の豪雨被害リスクの評価手法を開発 農研機構(18.07.11)
ため池決壊7か所 1名死亡-西日本の豪雨(18.07.09)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る