農政 ニュース詳細

2018.09.21 
東京農大が京橋でシンポを開催一覧へ

 東京農大農学部は、厚木キャンパス開設20周年を記念したシンポ「躍動する農学~農のこころで社会をデザインする~」をイトーキ東京イノベーションセンターで開催する。

 このシンポでは農学部の研究者4名が自身の研究内容の解説をし、「農学」分野の広がり、深まり、今日性、緊急性を参加者と共有する。

 

【躍動する農学~農のこころで社会をデザインする~】
日時:2018年10月13日(土) 14:30~16:30(開場14:00)
場所:イトーキ東京イノベーションセンター SYNQA(東京都中央区京橋 相互館110タワー)
参加費:無料(先着100名)
参加申込:事前参加登録制
参加登録URL: https://e-karte.site/nodai/Agri_symposium2018
主催:東京農業大学
プログラム:
▽14:30 開会挨拶:小川博(東京農業大学農学部長)
▽14:40~16:00 各セッション
・国産農産物の底力を発揮するための新品種開発:西尾善太(東京農業大学農学部農学科准教授)
・家畜の起源を探る:米澤隆弘(東京農業大学農学部動物科学科准教授)
・ボルネオ熱帯雨林の野生動物保全への道:松林尚志(東京農業大学農学部生物資源開発学科教授)
・誰もが生きることのできる社会にするために~「訪問かいこ」と農福連携~:川嶋舟(東京農業大学農学部デザイン農学科准教授)
▽16:00~16:30 ポスターセッション

問い合わせ:
東京農業大学厚木キャンパス 学部長事務室
TEL : 046-270-6607
Mail: asympo@nodai.ac.jp(受付時間 8:30~17:00 土・日・祝日を除く)

 

(関連記事)
【座談会】持続可能な未来志向の改革を紡ぐ 「農」の進化に挑み続ける東京農大(1)(18.07.13)
東京農大とJA全農 包括連携協定を締結(18.07.11)
有機米需要 食品以外に目を向ける~ある女性経営者の発想~(18.03.13)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ