左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

木製オフィス家具を展示 東京・大手町のJAビルで2018年10月17日

一覧へ

 ウッドソリューション・ネットワークは10月22日、(株)イトーキ、(株)オカムラ、コクヨ(株)の3社が協働し、大手町・JAビルで木材の質感や木材利用の意義を訴求し、木材利用の拡大に寄与するための木製オフィス家具を展示する。

 日本の森林は伐期が到来し、木材を有効に利用することが求められている。家具や内装への木材利用は、利用者の感性に訴えかけ、木の温かみや匂いを直接伝えるには有効だが、オフィスでの木材利用はそれほど多くない。 今回の展示会は、働き方改革を意識した短時間の仕事をする空間「タッチダウンオフィス」を創るというコンセプトで3社それぞれの木製オフィス家具を展示する。
 また、会場では材料調達から最終製品までの流れを来場者に知ってもらうため、木製オフィス家具に使用されたスギ・シラカバの原木や製材品(スギ表層圧密材Gywood、シラカバ集成材)の展示もする。
 ウッドソリューション・ネットワークは、2016年10月に設立された。木材利用拡大に向けた各種課題解決を図るため、農林中央金庫が事務局を務め、木材関連産業27社・団体で活動している。

▽日時:10月22日(月)~11月2日(金)(土日除く)10:00~16:00
▽場所:1階ラウンジ(東京都千代田区大手町)

 

(関連記事)
10月は木づかい月間!ミノーレで特別講座 JA全中(18.09.30)
【今村奈良臣のいまJAに望むこと】第65回 牛の"舌刈り"で資源を活かし、牛を殖やし、環境を保全する(18.10.13)
【鈴木宣弘・食料・農業問題 本質と裏側】類似の手法に注意 ~畜安法・森林管理法・種子法・漁業法をめぐる類似性~(18.09.06)
秩父の水と森林を守れ 環境問題のNGO来日(17.11.08)
五所川原農林高校の挑戦 日本の農業を世界につなげる(後半)(17.10.31)
東大が「木材利用システム学」設立 農林中金の寄附で(16.10.04)

最新の記事

ヤンマーSP

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る