農政 ニュース詳細

2018.10.23 
食品中の放射性物質の現状について意見交換 農水省一覧へ

 農林水産省は、消費者庁・内閣府食品安全委員会・厚生労働省と連携して、東京都・静岡県・大阪府・沖縄県で食品中の放射性物質に関する意見交換会を開催する。

 東日本大震災による東京電力福島第一原発の事故で、食品中の放射性物質に基準値を設定、出荷制限などが行われてきた。震災から7年以上が経過し、放射性物質の低減対策などにより、現在では基準値を超える食品はほとんど検出されなくなった。一方、震災直後と比べ関連情報を得る機会が減り、現状を知らずに不安を抱える消費者もいる。
 意見交換会では、放射性物質の基礎知識や食品中の放射性物質の現状について専門家・行政から情報提供を行う。また、福島県内で農業を行っている生産者が現場で行われてきた取り組みや現状などを説明し、消費者が抱いている疑問や不安について意見交換を行う。

【東京】
日時:11月12日(月)13:30~16:30
会場:主婦会館プラザエフ7階カトレア(東京都千代田区六番町)
定員:150名
申込締切:11月5日(月)必着

【静岡】
日時:11月15日(木)13:30~16:30
会場:レイアップ御幸町ビル6階6D(静岡県静岡市葵区御幸町)
定員:100名
申込締切:11月8日(木)必着

【大阪】
日時:11月22日(木)13:30~16:30
会場:TKPガーデンシティPREMIUM大阪駅前4階トワイライトB+C(大阪府大阪市北区曽根崎)
定員:150名
申込締切:11月15日(木)必着

【沖縄】
日時:11月28日(水)13:30~16:30
会場:沖縄県青年会館(沖縄県那覇市久米)
定員:100名
申込締切:11月21日(水)必着

◆申し込み方法
・インターネット:
食品に関するリスクコミュニケーション食品中の放射性物質をめぐる震災からの歩み ―これまでを知り、明日の消費行動を考える―
「参加申込入力フォーム」に 必要事項を明記し、申し込み
・メール:info@2018riskcom.net
別紙参加申込書の参加者記入欄の項目を明記し、申し込み
・FAX:03-3219-5779
別紙参加申込書の参加者記入欄の項目を明記し、申し込み
(保育ルーム利用希望者は、締切時間を確認し、申込書にその旨を記入すること)

・参加申込書は、「食品に関するリスクコミュニケ-ション食品中の放射性物質をめぐる震災からの歩み-これまでを知り、明日の消費行動を考える-」の開催及び参加者の募集についてから

 

(関連記事)
原木椎茸被害の法的解決 損害賠償は原子力ADRへ(18.09.11)
中国向け越境ECサイトで米加工品を販売 全農パールライス(17.10.11)
【野口嘉徳・茨城県JAしおさい前組合長】生産者部会とJAが一体で ピーマンで85億円(17.09.27)
【福島原発事故から6年】風評超え産地形成を(17.03.10)
【現地ルポ】福島市(福島県)土壌マップが"道標" 営農継続の原動力(16.10.14)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ