農政 ニュース詳細

2018.11.11 
農業と福祉の連携についてシンポ 農水省一覧へ

 農林水産政策研究所は平成31年1月29日、農福連携の推進や理解促進のため、東京・砂防会館別館でシンポを開催する。

 近年、農福連携の一環として取り組み主体に企業が参入したり、障がい者の就労の場の創出や生活困窮者などの就労や支援に農業を活用しようという新しい動きが出てきている。
 シンポでは、同研究所の取り組みに関する研究成果の報告と、実際に取り組みを行っている国内とドイツの代表者から内容について報告する。

日時:平成31年1月29日(火)13:00~16:30
会場:砂防会館別館シェーンバッハ・サボー1階大会議室(東京都千代田区平河町)
参加費:無料
参加人数:約300名

◆内容
▽研究成果及び事例報告(企業による取り組み)
・研究成果「企業による農業分野での障害者の働く場づくりの意義と課題」:吉田行郷(農林水産政策研究所首席政策研究調整官)
・事例報告「農業を通じた精神障がい者の新しい働き方モデル」:根本要(就労継続支援A型事業所アスタネ施設長)/埼玉県さいたま市
▽事例報告(ドイツにおける農福連携)
・「農業分野における障害者就労と6次産業化」:ペーター・リンツ(公益有限会社聖アントニウス農業部門長)
・「農業を通じた依存症克服支援」:ヘルマン・シュライヒャー(公益有限会社フレッケンビューラー・ホフ・フレッケンビュール取締役)
▽パネルディスカッション
根本要、ペーター・リンツ、ヘルマン・シュライヒャー、中島隆信(慶應義塾大学商学部教授)、家老洋氏(NPO法人UNE代表)、吉田行郷、飯田恭子(農林水産政策研究所研究員)の各氏

◆申し込み
平成31年1月25日までにインターネットまたはFAXにて

【インターネット】農林水産政策研究所「農福連携」シンポジウム~国内外で進展する多様な農福連携の取組~
【FAX】03-6737-9600 農林水産政策研究所広報資料課宛て
 名前(ふりがな)、勤務先等の名称、連絡先(メールアドレス)、車いす専用席の希望の有無(介護者が同伴する場合は、その方の名前(ふりがな)、連絡先)を明記し下記宛て先にFAXすること。

 

(関連記事)
【歌手・加藤登紀子さんインタビュー】農的幸福 今こそ国民で実現を(18.10.15)
畜産の農福連携でシンポ開催-畜産経営支援協議会(17.10.17)
第2回 親元就農でブランドと地域農業を引き継ぐ(17.03.21)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ