左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドPS:バスタ液剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

SBS輸入米 1万900t落札-第3回入札2018年12月3日

一覧へ

 農林水産省は11月30日、30年度第3回のSBS輸入米の入札を実施した。契約予定数量2万5000tのうち、1万963tが落札された。

 米国産は4544tが落札。うち一般米は2244tで、うるち精米中粒種が2208t落札した。買入価格(税込み)は1t11万6888円、売渡価格(同)は同18万2849円だった。マークアップ(売買差額)は1kg66円となった。
 豪州産はすべて一般米枠で4708tが落札。うるち精米中粒種は1000t落札。買入価格(税込み)は1t11万2298円、売渡価格(同)は17万8200円だった。マークアップは1kg66円となった。今回、落札した米国産、豪州産は国内業者向けに1kg178円~182円程度で販売されていることになる。
 そのほかタイ産、イタリア産、アルゼンチン産、パキスタン産が落札した。 契約予定数量は2万5000tだったが、有効応札数量は1万6703tだった。有効申込み件数は89件、落札件数は46件だった。
 第2回入札までの落札数量は7400t。これでSBS輸入米は1万8000tが落札したことになる。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る