左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

被災地域の酪農支援に義援金4500万円贈呈 中酪2018年12月17日

一覧へ

 (一社)中央酪農会議は12月13日、豪雨や台風、地震などで被害を受けた酪農家への義援金額をとりまとめた。11月30日現在で4500万円を超えた。

 今年は深刻な豪雨・台風災害などが相次ぎ、9月6日には北海道胆振東部地震が発生。生乳流通経路の寸断や大規模停電、乳牛、施設への損害があった。
 その後も過酷さを増す気候変動や終わりの見えない活発な地震活動により、生乳生産基盤はかつてない打撃を被っている。
 中央酪農会議は、被災地の酪農経営を支援するため関係組織と酪農家、さらに一般の人からも義援金を募ってきた。
 その結果、9月14日から11月30日までの期間中で4578万6515円が集まった。この義援金は被災地域の各指定団体へ贈呈する。
 義援金は期日以降の入金もあるため、平成31年3月20日に開催予定の次回理事会で最終的な報告を行う予定。

 

(関連記事)
「NHK歳末たすけあい」に寄付金贈呈 JA全農(18.12.13)
乳用母牛の地域内貸し出しを支援-畜酪関連対策(18.12.14)
北海道胆振東部地震に義援金338万円(18.11.21)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る