想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
Z-GIS:ヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農業大学校生4人に奨学金 (公財)報農会2019年2月19日

一覧へ

 (公財)報農会は、2月13日、平成30年度就農希望者への奨学金贈呈について審査委員会を聞き、各校より提出された研究報告を審査し、4人の農業大学校生に奨学金を贈呈することを決めた。

 この奨学金は、就農を希望し植物保護(農作物の病害虫・雑草防除、農薬)に関心を持ち、科学的知識や技術の習得を深めるため各県農業大学校等に在籍し、優秀な研究を行った者に対して贈られるもの。昭和58年度に発足(今年度より「農家子弟」から「就農希望者」に名称を変更)し、今回で36回目となり、受賞者は今回を含めて延べ166人となる。
 なお、奨学金は賞状とともにそれぞれの在籍大学校長から贈呈される。
 本年度の受賞者及びその調査研究課題は次の通り。

 

▽優秀賞
グニユーカリの挿木におけるカルス発生後の補光及び発根促進剤効果の検討 静岡県立農林大学校園芸学科花きコース鉢物専攻2年 成島紘大
▽奨励賞
トルコキキョウにおける土壌病害の対策 福島県農業総合センター農業短期大学校花き経営学科2年 橋元佑果
▽同
ナシ黒星病菌子のう胞子の飛散消長による適期防除 岐阜県農業大学校野菜・果樹学科果樹専攻2年 岩奥裕紀
▽同
タマネギべと病の重点防除期間及び散布間隔の検討 佐賀県農業大学校農産園芸課程露地野菜コース2年 糸山裕太

 

(関連記事)
「グローバル化に対応するIPM」でシンポ 第32回報農会シンポジウム(17.09.19)
シンポ『植物保護ハイビジョン-2017』(17.07.27)
5人の農業後継者へ奨学金 報農会(15.02.12)

最新の記事

ケツト科学研究所:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る