農政 ニュース詳細

2019.02.21 
農林産物加工直売所周辺を活性化 意見求める 飯能市一覧へ

 飯能市は、加工直売所のある名栗地域の創生に向け、同所に隣接する約1ヘクタールの土地の新たな事業展開を模索している。そこで、民間事業者から意見を募集し事業計画や公募条件などを検討する。

 同市は昨年11月、北欧のライフタイルが体験できる施設「メッツァビレッジ」をオープンさせ、森と湖を生かし多くの観光客を呼び込んでいる。
農林産物加工直売所周辺を活性化 意見求める 飯能市 農林産物加工直売所がある飯能市大字下名栗の約1haの土地も、交流人口増加を図るため広く意見やアイディアを募集している。
 市の運営方針は、(1)観光的視点を取り入れた様々な体験を通じ、市内外から多くの者が集い、自然(森林、清流)との触れ合い、人々との交流のできる地域の交流拠点とする(2)農業や林業に触れる機会を提供するなどし、地域の農林業の振興を図る拠点とする(3)「北欧文化」を体感できる空間と機会を提供する拠点とする(4)地域と連携し、地域とともに発展する、地域活性化の拠点とする、などを挙げている。
 意見を反映させたいという人は、エントリーシートを提出する。締め切りは3月5日午後5時。現地見学会・説明会もあるが、2月26日までに申し込みが必要。詳しくは、飯能市農林産物加工直売所の新たな運営に関するサウンディング型市場調査(飯能市のホームページ)で確認する。問い合わせは産業環境部農業振興課042-973-2111(内線)615、noshin@city.hanno.lg.jpまで。

農林産物加工直売所周辺を活性化に向けた今後のスケジュール

 

(関連記事)
直売所を起点に「JA」を発信-組織基盤強化フォーラム(18.08.22)
【特別賞受賞】魅力ある都市農業に挑戦 古谷義幸・前秦野市長(18.07.19)
第46回 全国農林水産物直売所実態調査から見える直売所の今--全国農林水産物直売所実態調査の中間報告(そのII)(18.03.03)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ