農政 ニュース詳細

2019.02.22 
3人が受賞 全国自給飼料生産コンクール一覧へ

 (一社)日本草地畜産種子協会は「第5回全国自給飼料生産コンクール」の受賞者を2月20日発表した。

 同コンクールは、自給飼料の効率的な生産と利用技術など優秀な事例を全国から選定・表彰し、一般に紹介することで畜産経営における飼料基盤の重要性を啓発し、畜産農家の経営の安定につなげようと行っている。
 今回の受賞者は以下の通り(敬称略)。
◎農林水産大臣賞
飼料生産部門・単年生飼料作物―畜産経営体 (有)石川ファーム代表取締役石川賢一(北海道)酪農経営

◎農林水産省生産局長賞
飼料生産部門・単年生飼料作物―畜産経営体 孝本真二(岡山県)肉用牛繁殖経営
飼料生産部門・単年生飼料作物―飼料生産受託組織 柴高水田活用部会代表理事井坂守(茨城県)耕種・稲

 

(関連記事)
配合飼料価格1t当たり500円値上げ-JA全農(18.12.26)
海外ネットワークで飼料原料を安定調達 JA全農(18.04.02)
国産濃厚飼料の増産を-飼料増産シンポ(17.04.14)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ