農政 ニュース詳細

2019.03.13 
食品の賞味期限表示でセミナー 農林水産省一覧へ

 農林水産省は、4月16日に「効率的な食品流通に資する賞味期限の年月表示化に関するセミナー」を開催する。

 飲食料品の物流においては、トラックドライバー不足等から物流費の高騰や輸送手段の確保が困難となる状況にあり、今後とも安定的に物流を確保するためには、トラック輸送への負担の軽減、物流の効率化を図ることが課題となっている。ドライバーの長時間労働の是正に向けて解決を図ることも必要となる。
 こうした中で、食品の賞味期限の年月日表示は、食品の貨物の小ロット化及び食品の入出庫作業の非効率化につながっていると考えられている。
 賞味期限を年月で表示することにより、これまで賞味期限をもとに配送・保管・陳列を日付管理していたものを、月別管理にすることが可能となる。これにより、食品の在庫管理及び入出庫管理の効率化、さらには物流の効率化による関係者の労働時間の縮減といった、働き方改革や低コスト化に資すると考えられる。また、仕入れ済み商品より賞味期限が前の商品の仕入れ拒否に伴う食品ロスを削減できる。
 食品関連事業者の中には、すでに年月表示化に取り組んでいるところもあり、先行事例の紹介を通じて、多くの食品関連事業者が取り組むことができるよう、今回セミナーを開催する。

○開催日
:2019年4月16日(火)
○会場:農林水産省本館7階共用第一会議室。

 参加資格や申込方法など、詳細は効率的な食品流通に資する賞味期限の年月表示化に関するセミナーの開催及び参加者の募集について農林水産省)で確認のこと。

 

(関連記事)
消費者庁構想10年 食品安全行政の成果と課題でシンポ(18.10.29)
食品表示は「見やすく、分かりやすく」 日本公庫(18.09.21)
食料を円滑に供給するため食品表示基準を運用 北海道胆振東部地震(18.09.11)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ