食品流通 ニュース詳細

2018.09.21 
食品表示は「見やすく、分かりやすく」 日本公庫一覧へ

 消費者は食品に対して「見やすく、分かりやすい」表示を望んでいる。日本政策金融公庫(日本公庫)農林水産事業の平成30年度上半期消費者動向調査で分かった。9月20日発表した。

 食品表示への要望では「文字を見やすくしてほしい」(47.7%)、「分かりやすい言葉を使ってほしい」(40.9%)の順で多い。また、「表示項目を増やし、内容を充実させてほしい」(14.6%)が14年調査より増えているが、半面「表示項目を減らしてほしい」(5.8%)も増えており、相反する傾向を見せている。
また食品表示の確認については、「必ず確認している」(20.7%)が14年調査に比べ12.9ポイント低下した一方で、「ほとんど確認していない」(15.7%)は12.2ポイントも大幅に上昇している。男女別では女性の方がよく確認している。
 表示で重視するのは「原産国名・原料原産地」(6割以上)、「消費期限または賞味期限」、(5割前後)、「原材料名」の順で多かった。特に「添加物」に関しては、女性の関心が高かった。
 なお、食品表示への信頼性は高まっており、最近信頼が高まった、あるいは以前から高いとの回答は、生鮮食品で44.4%、加工食品で40.9%。一方、以前から信頼が低いとの回答は、同10.6%、12.3%だった。
 調査は今年7月、全国の20歳~70歳代の男女各1000人を対象にインターネットで行った。

 

(関連記事)
食料が速やかに届くプッシュ型支援を実施 北海道胆振東部地震(18.09.10)
担い手や法人向けの新たな保障・サービスを開始 JA共済連・共栄火災(16.01.26)
「加工食品に不安」8割 日本公庫が意識調査(14.09.25)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ