左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

棚田の魅力 カードで発信-農水省2019年7月23日

一覧へ

 農林水産省は、棚田の魅力と地域で行われている保全活動の実態を広く知ってもらおうと全国の棚田を紹介するカードを作成した。

棚田に恋 農林水産省は棚田地域を盛り上げ棚田の保全に繋げる第一歩として、都道府県の担当者に呼びかけてプロジェクトチームを作成、全国の棚田を広く紹介する棚田カード作成に取り組んだ。
 今回、第一弾として31府県56地区の棚田カードを作成した。カードのオモテ面には四季折々の美しい棚田の写真を載せ、ウラ面には棚田枚数や傾斜、作付け品種や歴史などを掲載している。
 棚田カードの配布方法は交流館や、近隣の直売所や公共施設で配布したり、保全活動に参加した人に渡すなどの地域によって異なる。詳細は以下の「棚田に恋」(農水省)で確認できる。
 また、棚田まで足を運んでもらいやすいように棚田までのアクセス方法と、市街地からの距離など「秘境度」、周辺情報、訪問マナーなどを掲載した棚田めぐりガイドと棚田めぐりマップも作成した。
 農林水産省は、棚田を知らない人や馴染みのない人にも棚田に行って、見て、知ってもらいたいという想いを込めたという。

 
 
(関連記事) 
棚田地域振興法案 国会上程へ
【熊野孝文・米マーケット情報】棚田振興は生産現場への支援だけで良いのか?
【コラム・「棚田の風景」にひとこと】残そう、日本の資産として
【今村奈良臣のいまJAに望むこと】第87回 中山間地域、とりわけ棚田地帯を生かす和牛の放牧をいかに推進し実践すべきか(第2回)
トキと共生する佐渡市で全国棚田サミット

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る