農政 ニュース詳細

2019.07.23 
棚田の魅力 カードで発信-農水省一覧へ

 農林水産省は、棚田の魅力と地域で行われている保全活動の実態を広く知ってもらおうと全国の棚田を紹介するカードを作成した。

棚田に恋 農林水産省は棚田地域を盛り上げ棚田の保全に繋げる第一歩として、都道府県の担当者に呼びかけてプロジェクトチームを作成、全国の棚田を広く紹介する棚田カード作成に取り組んだ。
 今回、第一弾として31府県56地区の棚田カードを作成した。カードのオモテ面には四季折々の美しい棚田の写真を載せ、ウラ面には棚田枚数や傾斜、作付け品種や歴史などを掲載している。
 棚田カードの配布方法は交流館や、近隣の直売所や公共施設で配布したり、保全活動に参加した人に渡すなどの地域によって異なる。詳細は以下の「棚田に恋」(農水省)で確認できる。
 また、棚田まで足を運んでもらいやすいように棚田までのアクセス方法と、市街地からの距離など「秘境度」、周辺情報、訪問マナーなどを掲載した棚田めぐりガイドと棚田めぐりマップも作成した。
 農林水産省は、棚田を知らない人や馴染みのない人にも棚田に行って、見て、知ってもらいたいという想いを込めたという。

 
 
(関連記事) 
棚田地域振興法案 国会上程へ
【熊野孝文・米マーケット情報】棚田振興は生産現場への支援だけで良いのか?
【コラム・「棚田の風景」にひとこと】残そう、日本の資産として
【今村奈良臣のいまJAに望むこと】第87回 中山間地域、とりわけ棚田地帯を生かす和牛の放牧をいかに推進し実践すべきか(第2回)
トキと共生する佐渡市で全国棚田サミット

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ