農政 ニュース詳細

2019.09.17 
埼玉県で2例目を確認-豚コレラ国内43例に一覧へ

 農林水産省は9月17日、埼玉県で2例目となる豚コレラの擬似患畜が確認されたと公表した。これで国内で43例目となった。

 発生農場は、国内41例目となった同県秩父市の農場の搬出制限区域内で監視対象となっていた。秩父郡小鹿野町の農場で1118頭を飼養していた。
 16日に農場から飼養豚が異常を呈しているとの報告を受け家畜防疫員による立入検査を実施。その後、家畜保健衛生所での精密検査の結果、17日に豚コレラの擬似患畜であることが判明した。
 当該農場の飼養豚の殺処分など防疫措置を実施するとともに、感染経路などの究明のため国の疫学調査チームを派遣する。

◆    ◆

 農林水産省は17日、豚コレラ防疫対策本部を開催した。会合では埼玉県で発生例についての新たな情報提供も行われた。それによると、1例目の発生農場では8月中下旬から豚の健康状態に変化が見られたとの報告もあった。ただ、当該農場では1日に2、3頭の死亡は、比較的観察されてきたという。 
 農水省では検体検査で感染時期などについて検証していく。また、埼玉県は野生イノシシの陽性例は確認されていないため、死亡イノシシに限って実施していたサーベイランスを強化し、今後、捕獲したイノシシに対しても陽性かどうか検査する。
 対策本部では豚コレラの終息に向けて、地域を限定したワクチン接種も含めて対策を検討した。「関東地域に広がってステージが変った。できるだけ早く対応方針を示すため頻繁に省内で議論を行う」(消費・安全局動物衛生課)としており、江藤農相は毎日対策本部を開催し、対策を検討する。


(関連記事)
アフリカ豚コレラ 韓国で発生(19.09.17)
イノシシからの感染 8割以上-豚コレラ(19.08.09)
早期出荷を促進-豚コレラ対策(19.08.01)
豚コレラ ネズミやハエが媒介の可能性-農水省検討会(19.05.22)
豚コレラで防疫強化-JAグループ(19.04.02)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ