Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

砂糖・でん粉の価格調整制度で指標を決定 農水省2019年9月19日

一覧へ

 農林水産省は、9月13日、砂糖及びでん粉の価格調整に関する法律に基づき、令和元砂糖年度※における砂糖、異性化糖および加糖調製品の価格調整制度の各種指標ならびに令和元でん粉年度※におけるでん粉の価格調整制度の各種指標を決定した。

(※)当該年の10月1日から翌年の9月30日までの期間。

 農林水産省では、砂糖およびでん粉について、「砂糖及びでん粉の価格調整に関する法律」に基づき、諸外国との生産条件の格差から生じる不利を補正するため、安価な輸入品から徴収した調整金を主たる財源として、国産品の生産者および製造事業者に対し、国産品の生産・製造コストと販売額との差額相当の交付金を交付する価格調整制度を実施している。

【砂糖にかかる各種指標】
○輸入粗糖と国内産糖との価格調整の基準となる金額「砂糖調整基準価格」は、15万3200円/製品トン
○粗糖の輸入者から徴収する調整金の負担水準を定める率で、内外の粗糖のコスト格差に当該率を乗じて算定する「指定糖調整率」は、37.00%
○1次調整金による輸入枠を超える数量について課される調整金「砂糖に係る2次調整金」は2万5613円/製品トン
○国内産糖交付金の単価は次のとおり。
▽てん菜を原料として製造される国内産糖は、2万5675円/製品トン
▽さとうきびを原料として製造される国内産糖は次の表のとおり。

砂糖・でん粉の価格調整制度

【異性化糖にかかる各種指標】
○砂糖と異性化糖との価格調整の基準となる金額「異性化糖調整基準価格」は、18万9076円/製品トン
○異性化糖の製造事業者および輸入者から徴収する調整金の負担水準を定める率「異性化糖調整率」は17.13%※
(※)砂糖と異性化糖のコスト格差に当該率を乗じて、調整金単価を算定。
○1次調整金による枠数量を超える数量について課される調整金「異性化糖に係る2次調整金」は、2351円/製品トン

【加糖調製品糖にかかる各種指標】
○砂糖と輸入加糖調製品糖との価格調整の基準となる「加糖調製品糖調整基準価格」は、31万2038円/製品トン
○輸入加糖調製品の輸入者から徴収する調整金の負担水準を定める率「加糖調製品糖調整率」は、30.30%※
(※)砂糖と輸入加糖調製品糖のコスト格差に当該率を乗じて、調整金単価を算定する。
 なお、輸入加糖調製品糖からの調整金は、これを原資として砂糖の売戻価格を減額することにより、輸入加糖調製品糖と砂糖との価格調整を行う。

【でん粉にかかる各種指標】
○輸入でん粉などと国内産いもでん粉との価格調整の基準となる金額「でん粉調整基準価格」は、16万1010円/製品トン
○輸入でん粉などの輸入者から徴収する調整金の負担水準を定める率「指定でん粉等調整率」は、4.354%※
(※)内外のコスト格差に当該率を乗じて、調整金単価を算定。
○国内産いもでん粉交付金の単価は次のとおり。
▽ばれいしょを原料として製造される国内産いもでん粉 2万774円/製品トン
▽かんしょを原料として製造される国内産いもでん粉 3万7759円/製品トン

 農林水産省のホームページから資料を入手できる。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る