人事2024 左バナー 
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCベリマークSC:(SP)センター
JA全中中央①PC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

ASF(アフリカ豚熱)ウイルス ニホンイノシシに感染-農研機構2020年2月18日

一覧へ

 農研機構は2月17日、東欧やアジアで流行しているASF(アフリカ豚熱)のウイルスはニホンイノシシにも感染し、豚と同じ症状と病変を引き起こすことを確認したと発表した。

 ASFは欧州のヨーロッパイノシシに感染することは知られていたが、ニホンイノシシに感染するかは不明だった。農研機構はASFの流行株(Armenia07株)を4頭のニホンイノシシの筋肉に接種する試験を行った。接種後5日目に1頭、6日目に2頭が死亡した。残る1頭も瀕死状態となったため安楽殺して全頭を解剖して検査した。

 その結果、すべてで脾臓が黒くなり腫大し、胃の周囲のリンパ節などは暗赤色となり血液凝固が不全となるなど、いずれも豚がASFに感染したのと同様の所見が認められたという。

 また、遺伝子検査でウイルスの排泄状況を調べたが、全頭の循環血液中と鼻腔にぐい液から検出され、2頭から唾液から、1頭の糞便からも検出された。

 こうしたことから現在流行しているASFウイルスはニホンイノシシにも感染し、豚と同じような症状を引き起こすとともに、ウイルスを排泄することが確認された。このためASFが日本に侵入した場合、CSF(豚熱)と同様、野生イノシシによる感染拡大に警戒が必要となる。

(関連記事)
CSF(豚熱)国内56例目を沖縄で確認(20.02.03)
「アフリカ豚熱(ASF)」で国際シンポ 農水省(20.01.28)
沖縄で4例目確認-豚コレラ(CSF)(20.01.16)
沖縄でCSF確認-国内52例目(20.01.08)
豚コレラ 法律では「豚熱」と表記へ-農水省(19.12.25)
ワクチン接種 東京都など8都府県に拡大-CSF対策(19.12.23)
ワクチン接種済み農場で子豚にCSF 愛知で18例目(国内51例目)(19.12.18)
CSF対策で経口ワクチン空中散布を栃木県内で実施(19.12.16)
予防的殺処分 ASFも対象に-家伝法改正へ(19.12.11)
日米協定「農業者への影響 最大限注視」 中家JA全中会長(19.12.05)

重要な記事

240401・シンジェンタ粒粒マイスター:右上長方形SP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る