農政 ニュース詳細

2019.12.25 
豚コレラ 法律では「豚熱」と表記へ-農水省一覧へ

 農林水産省は12月24日、家畜伝染病予防法改正にともない、現在、「豚コレラ」と記載されているCSFを「豚熱」と表記する方針を明らかにした。

野生のイノシシ野生のイノシシ

 農林水産省は11月12日に「豚コレラ」と「アフリカ豚コレラ」という名称について、細菌で発症するヒトのコレラとはまったく無関係でヒトには感染しないことから、風評被害を防ぐため、「CSF」と「ASF」に名称変更することにした。

 これらは国際獣疫事務局(OIE)で正式名称として使用されているものでCSFは「Classical swine fever」、ASFは「African swine fever」の略称である。

 ただ、法律には正式名称を記載する必要があり、家伝法改正にともなって「和名」について日本獣医学会に検討を要請していた。同学会は12月20日に家伝法での伝染性疾病の名称変更の提言を行い、そのなかで「豚コレラ」を「豚熱」、「アフリカ豚コレラ」を「アフリカ豚熱」とすることを妥当とした。

 農林水産省によると「豚熱」は法律にのみ記載され、名称としては「CSF(豚熱)」、「AFS(アフリカ豚熱)」を使用し定着できるようにしていきたいとする。BSE(牛海綿状脳症)と同様の考えだ。

 ASF予防のためのワクチン事前接種などを可能とする家伝法改正案は来年の通常国会に提出される。家伝法で掲げられている伝染性疾病は28。このうちブルセラ病をブルセラ症とするなど9件の名称変更も提言した。


(関連記事)
沖縄でCSF確認-国内52例目(20.01.08)
豚コレラ 法律では「豚熱」と表記へ-農水省(19.12.25)
ワクチン接種 東京都など8都府県に拡大-CSF対策(19.12.23)
ワクチン接種済み農場で子豚にCSF 愛知で18例目(国内51例目)(19.12.18)
CSF対策で経口ワクチン空中散布を栃木県内で実施(19.12.16)
予防的殺処分 ASFも対象に-家伝法改正へ(19.12.11)
日米協定「農業者への影響 最大限注視」 中家JA全中会長(19.12.05)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ