農政 ニュース詳細

2020.01.08 
沖縄でCSF確認-国内52例目一覧へ

 農林水産省は1月8日、沖縄県でCSFの患畜が確認された。国内で52例目となる。沖縄県での発生確認は33年ぶり。

 発生農場はうるま市で393頭を飼養していた。1月6日に農場から飼養豚が死亡しているとの報告を受け、家畜防疫員による立入検査を実施、CSFの疑いがあったため国の農研機構動物衛生研究部門が遺伝子解析し8日に患畜と判明した。

 飼養者が同一のうるま市内の農場の飼養豚も擬似患畜として防疫措置を講じる。1戸2農場で防疫対象は825頭となる。
 沖縄県の豚の飼養頭数は約20万頭(平成30年12月末)となっている。


(関連記事)
沖縄でCSF確認-国内52例目(20.01.08)
豚コレラ 法律では「豚熱」と表記へ-農水省(19.12.25)
ワクチン接種 東京都など8都府県に拡大-CSF対策(19.12.23)
ワクチン接種済み農場で子豚にCSF 愛知で18例目(国内51例目)(19.12.18)
CSF対策で経口ワクチン空中散布を栃木県内で実施(19.12.16)
予防的殺処分 ASFも対象に-家伝法改正へ(19.12.11)
日米協定「農業者への影響 最大限注視」 中家JA全中会長(19.12.05)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ