想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

ヤムイモ料理で受賞 オリ・パラのGAP食材コンテスト 東京農大宮古亜熱帯農場2020年3月13日

一覧へ

 東京農業大学宮古亜熱帯農場(沖縄県宮古島市)で考案したヤムイモを使った料理が、「GAP食材を使ったおもてなしコンテスト」にノミネートされ「内閣官房東京オリンピック競技大会・パラリンピック競技大会推進本部事務局長賞」を受賞した。

考案したヤムイモを使った料理考案したヤムイモを使った料理

 コンテストは、世界各国から干すとタウンを訪問する各国・地域の選手に対して、高校生などによるGAP食材を使ったおもてなしによって、日本の食材・おもてなしのすばらしさを伝えることを目的とする。

 宮古島市のホストタウン相手国であるオーストラリア人に馴染みあるパンを中心に惣菜やスープなど好みに応じて、同農場職員と技術練習生が考えた。ヤムイモと沖縄県産全粒小麦粉を使ったパン、ヤムイモの宮古牛包み焼きクレソン添え、宮古そばのそばに40%ヤムイモを練り込んだ宮古ヤムそばなどがある。

 東京農大宮古亜熱帯農場では、2017年にヤムイモのグローバルGAP認証を取得。ヤムイモはミネラルやタンパク質のほか、ポリフェノールなどの抗酸化物質を多く含み、西アフリカやカリブ海などでは主食とされている。

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る