左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

6月27日に「小規模農業」テーマにしたオンラインセミナー 名張市2020年6月22日

一覧へ

三重県名張市は、「農の創造セミナーNabari~『小さい農業』を活かす~」をオンラインで開講する。第1回目は6月27日に実施。受講者は30人を募集し市内外在住を問わない。受講料は無料。

第1回セミナーのポスター第1回セミナーのポスター

名張市は、伊賀米・伊賀牛・ブドウなど県を代表するブランド産品の生産地だが、一方で総耕地面積や平坦農地が少ないことから自給的な「小さい農業」が特色となっている。

同市では、こうした小規模農業を「小さいからこそ様々な価値が生み出せる」ととらえ、目標をもって農業に取り組もうとする人たちを育成することを目指している。

今回のセミナーでは、小さい農業の強みを発揮し弱みを克服するために「必要なこと、すべきこと」を、オンライン形式で学ぶ。
講師は、(株)風農園の田上堅一さんが務める。講義に加え、アンケートへの参加者の回答やチャットでの意見表明など、講師と参加者の間のコミュニケーションを重視した進行とする。

内容は、「風農園の失敗から考える『小さい農業』との向き合い方」としているが、「参加者が自ら創りだすセミナー」を志向するため、細部は参加者の意向を把握しながら決定していく。

対象は、「新規就農希望者」、「販売や有効な農地利用など目標を設定し、意欲的な農業経営を目指す人」「経営改善をめざす農業経営者 」。

セミナーは10月まで月1回程度計5回行う予定。テーマ・内容は、参加者の意向や意欲を考慮し順次決定する。

【農の創造セミナーNabari~『小さい農業』を活かす~】

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

解説・提言

topへ戻る