想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

【7月豪雨】食料6万点、飲料4万点など熊本へ発送-農水省2020年7月8日

一覧へ

農林水産省は7月6日までに令和2年7月豪雨で被害にあった熊本県に対して食料6万点、飲料4万点、乳幼児用ミルク500点を手配し順次発送した。

江藤農相によると7日6時現在、ため池、農業用ダムで人的な被害は発生していないという。熊本・鹿児島両県の防災重点ため池は320か所あり125か所が点検済み。そのうち1か所で損傷があり、応急対応を行っている。

福岡、佐賀、長崎は天候が回復次第、点検する。

林野関係では熊本県球磨川流域を中心に6県23市町村で甚大な被害が発生。複数の人的被害も報告されている。

食料支援についてパックご飯、レトルト・缶詰、カップ麺など食料6万点、水、お茶、スポーツドリンクなど飲料4万点と、現地から要請のあった乳児用ミルク500点を発送した。

江藤農相によると、現地では水田、農業用ハウス土砂流入、樹園地の崩壊、たばこ畑の冠水、畜舎のほか食肉処理場も冠水により壊滅的な被害を受けており、枝肉や部分肉の廃棄処分を余儀なくされている施設もあるといい農水省は対応を検討している。農相は会見で「現場感覚を持って全力で取り組む」と話した。

最新の記事

ケツト科学研究所:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る