2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCトップSP:育苗箱混合剤
JA全中中央①PC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

技能実習生32人分の情報を公開 全国農業会議所2020年10月1日

一覧へ

新型コロナウイルスの影響で解雇などに遭い、再就職を希望する技能実習生に関する情報公開を行っている(一社)全国農業会議所は、9月28日時点の情報を公開した。

これは農林水産省などと共有した情報を同会議所のホームページに今年5月以降随時掲載しているもの。

現在公開している9月28日時点の情報を国籍別にみると、フィリピン23人(男12人、女11人)が最も多く、ベトナムと中国がいずれも女性3人ずつで続き、ネパール1人(男)、台湾1人(女)、ブータン王国1人(男)となっている。

それら再就職希望者が居住している都道府県を多い順にあげると、岐阜県5人、茨城県4人、新潟県4人、福井県3人、埼玉県3人、静岡県2人、愛知県2人、徳島県2人、栃木県2人、福岡県1人、石川県1人、兵庫県1人、神奈川県1人、東京都1人。

雇い入れを予定していた技能実習生がコロナで来日できなくなり、その代替として本制度を利用する場合は一定の補助を受けることも可能。新型コロナウイルス感染症への準備や対応がなければ発生しなかった費用が対象で、新たに雇用する外国人の交通費や宿泊費、労賃などが該当する。

同会議所によると、この仕組みを使った農業分野への再就職者はまだわずか5人ほど。

最新の記事

シンジェンタ右上長方形:SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る