想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

Go To Eat東京で食事券の販売開始 2020年10月21日

一覧へ

Go To Eat Tokyo 食事券発行共同事業体は10月16日、農水省の委託をうけ、「Go To Eat キャンペーン Tokyo」食事券発行事業を開始すると発表した。

農水省Go To Eatキャンペーン公式サイト

東京都では10月21日から加盟店の募集を開始。食事券はアナログ食事券とデジタル食事券の2種類を用意し、食事券販売期間は11月20日~来年1月31日、食事券利用期間11月20日~2021年3月31日とした。
アナログ食事券は1セット1000円券×10枚と500円券×5枚の合計1万2500円分を販売額1万円で300万セットを販売する。
デジタル食事券は1セット1000円券×10枚の1万円分を販売額8000円で125万セットを販売する。

食事券見本食事券見本

「Go To Eat キャンペーン Tokyo」食事券発行事業概要
○対象地域:東京都
○加盟店募集開始:10月21日
○引換券受付開始:11月19日
○食事券販売期間:11月20日~来年1月31日
○食事券利用期間:11月20日~同3月31日
○事業規模:食事券額面総額500億円(食事券販売額400億円、補助額100億円)

アナログ食事券の販売場所は、なんでも酒やカクヤス(東京、神奈川県内の各店舗での対面販売と宅配販売)、KYリカー、成城石井(一部店舗)、びゅうプラザ(首都圏の一部店舗) ・JR東日本訪日旅行センター(首都圏の一部店舗)、東横INN(一部店舗)、東急ホテルズ(一部店舗)、相鉄ホテルグループ(一部店舗)、JTB店舗(一部店舗)、都内金融機関(予定)、その他商業施設・ホテル内の特設販売窓口(予定)、観光協会等の特設販売窓口(一部施設)など。

デジタル食事券はヤフーが運営する電子チケット販売プラットフォーム「PassMarket」の専用ページから購入可能(11月中旬頃に開設予定)。

問い合わせ専用コールセンター
・購入/利用者向け:0570-550269(10月26日開設予定)
・飲食店向け:03-6746-4830(10月21日開設予定)

【電子チケット販売プラットフォーム「PassMarket」
【Go To Eat キャンペーン公式サイト】 (10月21日開設予定)

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る