想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「味の匠応援プロジェクト」WEB審査通過の3グループ決定 農水省2020年11月20日

一覧へ

地域の農林水産物や食文化の魅力を活かした産品を発掘するコンテスト「フード・アクション・ニッポンアワード」と同時開催で、新たな取り組みとして「味の匠応援プロジェクト」が行われ、応募総数45グループの中からWEB審査で通過の3グループが決まった。

「味の匠応援プロジェクト」WEB審査通過の3グループ決定 農水省

「味の匠応援プロジェクト」は、地域と料理人がワンチームとなって新たな食の一歩を支援する取り組み。相互のパートナーシップの形成により、新たなビジネスチャンスを後押しすることをめざしている。同プロジェクトでは、「地域の人の誇りにつながる、新たなメニュー・産品の活用」をテーマに、地域の食材を活用した新たなメニュー・商品を開発する取組(アイデア)を8月24日から募集し、全国から45グループが応募。各地の可能性を秘めた食材の産品者とシェフのこれまでの経験を生かし、新しい食を生み出そうと意欲の高いチームの応募が多くみられた。

審査は10月30日、(株)食文化取締役の井上真一氏、カフェ・カンパニー(株)代表取締役社長の楠本修二郎氏、農林水産省食料産業局産業連携課長髙橋広道氏ら審査委員に対しオンラインで、プレゼンテーションを行い、(株)MENEXの岡部統行氏らの「海と森のマリアージュ~再会~」と、さいたまヨーロッパ研究会北康信氏らの「規格外のさいたまヨーロッパ野菜を使った、季節のミネストローネベース(春・夏・秋・冬)」、ドゥークー(株)の土屋彰吾氏らによる「碧醸造2代目」の3グループが特別賞に選ばれた。

受賞グループは、試作品制作と一般消費者対象の試食会を行い、その模様を事務局が動画撮影し、実販売に向けてプロモーションに活用できるプロジェクト動画を制作する。選ばれた3グループの表彰は、2021年1月26日に実施する「フード・アクション・ニッポンアワード2020」表彰式内で表彰する。

最新の記事

ケツト科学研究所:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る