想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー・SP・BASF:コテツフロアブル
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

アキタ社と元農相会食に農水幹部が同席2021年1月20日

一覧へ

野上浩太郎農相は1月19日の会見で贈収賄事件で在宅起訴された吉川貴盛元農相とアキタフーズの秋田善祺前代表との会食に枝元真徹農林水産事務次官ら複数の幹部が同席していたことを明らかにした。

野上農相によると、2018年10月4日に、いずれも当時の枝元生産局長、冨田畜産部長、伏見畜産振興課長、望月食肉鶏卵課長が出席した。また、この場には河井克行衆議院議員も同席したという。
また、2019年9月18日の会食には水田生産局長、渡邊畜産部長、当時の伏見畜産企画課長、当時の望月食肉鶏卵課長と犬飼畜産振興課長が出席した。この場には当時の西川公也内閣官房参与と河井克行議員も同席したという。

野上農相は、国家公務員倫理規定は、利害関係者の負担により飲食をともにすることは禁じている一方、職務に必要な意見交換や情報収集を積極的に行えるように、「利害関係者以外の第三者が費用負担する場合」には、利害関係者と飲食をともにすることができるとされていると説明。

これをふまえ野上農相は「アキタフーズのような利害関係者が同席する会食に職員が参加すること自体は禁じられているものではないと考える」としながらも、国家公務員倫理審査会の指導のもとに調査を実施して対応すると述べた。

職員が吉川元農相とアキタフーズ関係者との会食に職員も参加したとの報道を受け1月7日に野上農相は聞き取り調査をするよう指示したという。

会食の費用負担については明らかにしなかった。
アキタフーズの問題では養鶏のアニマルウェルフェア国際基準について同社の前代表からの働きかけがあったのではないかとされているが、野上農相は「アニマルウェルフェアに関するOIE(国際獣疫事務局)へのコメントについては、養鶏の生産者団体、消費者団体、学識経験者など多くの方から出された意見をふまえた」として、「当省の進め方については妥当なのであった」との認識を改めて示した。

最新の記事

シンジェンタミラビスフロアブル:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る