想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

公正な競争条件を-郵政民営化委に意見提出-JAバンク・JFマリンバンク・農中2021年1月26日

一覧へ

JAバンク・JFマリンバンク・農林中央金庫は1月22日にゆうちょ銀行の個人向けの貸付業務などへの新規参入に対して郵政民営化委員会へ「公正な競争条件が確保されていない」などの意見を提出した。

郵政民営化委員会は、昨年12月25日にゆうちょ銀行の個人向け貸付業務への参入などについて意見募集を開始した。今回の意見提出はそれに対するもの。

JAバンクなどは、間接的な政府出資が残るゆうちょ銀行が新規業務に参入するに当たっては、完全民営化の道筋とその実行担保が示されることが最低限必要で、そのうえで個別業務の新規参入は、公正な競争条件の確保、利用者保護、地域との共存などの観点で総合的に検討すべきと主張した。
そのうえで日本郵政が昨年11月に公表した中期経営計画では、株式保有割合を引き下げる方針は示されたものの、完全民営化への道筋は示されておらず、依然として「民間金融機関との間で公正な競争条件が確保されていない状況が続いている」と指摘した。

また、人口減少と高齢化、低金利環境に加えて、コロナ禍で民間金融機関が厳しい経営環境にあるなか、公正な競争条件が確保されていないまま、住宅ローン市場に参入することは「民業圧迫につながり得る」と指摘し、これまで着実に形成されてきた両者の相互信頼関係が損なわれることが懸念されると強調し、委員会での認可審議ではJAバンクなど意見を十分ふまえて慎重に検討することを求めた。

意見書では、JAバンク、JFマリンバンクは日本全国の農山漁村に広く店舗を展開し、農業者や漁業者への金融サービスを通じて、わが国の農林水産業や地域社会を支えているとして、全国の郵便局とは、農林水産業の成長産業化や地域社会の維持・発展に向け「連携・協調できる部分が存在する」と強調している。

最新の記事

シンジェンタミラビスフロアブル:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る