Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
SP:右上長方形 アリスタライフサイエンス(株)トクチオン乳剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

中家全中会長 農林業も含め「救済対策徹底を」2021年4月14日

一覧へ

東京電力福島第一原発で増え続ける処理水について、政府は4月13日の関係閣僚会議で海洋放出する方針を正式に決定した。この問題についてJA全中の中家徹会長は4月8日の定例会見で福島県の農林漁業全体への風評被害対策を考えるべきとの認識を示した。

JA全中の中家会長は、東電福島第一原発事故では、「農産物も風評被害を受けた。10年経った今も、国のなかにはまだ輸入拒否をしているところもある」と国内外にいまだ残る福島産農産物への風評被害を指摘した。

そのうえでALPS処理水の海洋放出決定について「現場での丁寧な説明のさることながら、漁業者をはじめ農林業者に対して被害を受ける方々の救済措置には万全を期す、あるいは風評が起こらないような施策を徹底してやってもらう必要があると思っている」と述べ、福島の農林漁業全体への影響を考えるべきだと強調した。

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2021

ヤンマーSP

原発処理水海洋放出

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る