Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ゴーゴーサン
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

アスパラガスのアザミウマ類多発で注意報 長崎県2021年5月20日

一覧へ

長崎県病害虫防除所は、5月のアスパラガスほ場の巡回調査で、アザミウマ類の発生が例年に比べ多発していることを受け、5月18日に病害虫発生予察注意報第1号を発表した。

ネギアザミウマ(写真提供:長崎県病害虫防除所)ネギアザミウマ(写真提供:長崎県病害虫防除所)

5月10日前後の巡回調査(11筆)の結果、払い落とし虫数(10.5cm×22.cmの白色板に5回×10ヵ所)は28.6頭(平年7.7頭)と多く、発生ほ場率は90.9%(平年72.2%)でどちらも平年を上回った。

福岡管区気象台が5月13日に発表した気象予報によると、向こう1ヵ月の気温は平年に比べ高い見込みでこの虫の発生に好適であることから、同防除所では早期の防除徹底を呼びかけている。

防除対策は次のとおり。

○施設内および周辺の雑草は生息・増殖源となるため除去する。

○薬剤抵抗性発達防止のため、同一系統(令和3年長崎県病害虫防除基準P284~285の「作用機構による分類(IRAC)」参照)の薬剤を連用しない。

○茎葉が繁茂すると、内部まで薬液が届きにくくなるため、この虫の発生を確認した場合はできるだけ茎葉が展開・繁茂する前の早い段階で防除を徹底する。

【長崎県病害虫防除所】

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る