Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

【バイオマス】木材チップ 前年比10.3%増加-2020(令和2)年2021年9月14日

一覧へ

農林水産省は8月31日に令和2年の木質バイオマスエネルギー利用動向調査結果を公表した。

エネルギーとして利用された木質バイオマスのうち、木材チップの量は1038万9886tとなり初めて1000万tを超えた。このうち「間伐材・林地残材等」からの木材チップは391万289tで前年にくらべて29.1%増加した。

「製材等残材」からは167万4169tで同▲2.2%。「建設資材廃棄物」からは417万687tで同2.6%増加した。間伐材・林地残材からの木材チップを丸太に換算すると882万m3。年々増え平成23年の14倍超となっている。

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る