2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCトップSP:育苗箱混合剤
FMCセンターPC:ベネビア®OD
FMCセンターSP:ベネビア®OD

ノウフク・アワード2022募集開始 農水省2022年8月3日

一覧へ

農林水産省は、農福連携に取り組んでいる優れた事例をノウフク・アワードとして表彰しており、新たに優良事例を選定する「ノウフク・アワード2022」の募集を8月3日から開始した。

農福連携に取り組む主体数は、2019年度は4117、20年度は4571と前年に比べて1割増加した。

「農福連携等推進ビジョン」(2019年6月)では19年度末からの5年間で3000主体を創出することを目標(7117主体)にしている。

障害者の農業分野での雇用・就労は、自信や生きがいを持って社会に参加できるとともに、担い手不足の農業分野にとっての働き手の確保と共生社会の実現に貢献すると農水省は位置づけ、国民運動として推進していくために優良事例を表彰している。

対象は、農業、林業、水産業と福祉分野が連携し、障害者等(高齢者や生活困窮者、ひきこもり状態の人なども含む)が農業などの現場で能力を発揮することによって、農業と福祉が抱えるさまざまな課題の解決、障害者の社会参画、地域活性化の実現に貢献している団体。

グランプリ(1団体)、準グランプリ(「人を耕す」、「地域を耕す」、「未来を耕す」の視点から優れた団体を各1団体)、優秀賞、フレッシュ賞、チャレンジ賞を表彰する。昨年度は計25団体を表彰した。

応募受付開始は8月3日。締め切りは10月3日。審査結果公表は2023(令和5)年1月頃。表彰式は2月頃の予定。

主催は農福連携等応援コンソーシアム。問い合わせは同事務局(TEL03-5295-0070 平日10:00~17:00)。

最新の記事

シンジェンタ右上長方形:SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る