2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCトップSP:育苗箱混合剤
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
FMCセンターSP:ベネビア®OD

食料安保強化へ「肥料安定供給確保調整官」を設置へ 農水省が来年度に向けて方針2022年8月24日

一覧へ

食料安全保障の強化が大きな課題となる中、農林水産省は2023年度に、肥料の安定供給体制の構築などを図るため、新たに肥料安定供給確保調整官(仮称)を設置する方針を決めた。

農水省は、肥料安定供給確保調整官について、農産局農産政策部技術普及課に増員の形で設置する方針で、来年度の財務省への組織・定員要求の中に盛り込む。食料安全保障の強化に向けて、肥料の安定供給体制の構築や堆肥等の国内資源の有効活用の推進などの業務に集中して当たる。
同省によると、ロシアのウクライナ侵攻などの影響でさまざまな資材価格が高騰し、肥料の安定供給が大きな課題となる中、肥料の確保に関する業務は膨大となっており、集中的に業務を担う担当官を置く方針を決めた。

また、同省はほかにも食料安保強化や農政改革の推進体制の強化に向けて、「みどりの食料システム戦略」を推進する現場を支援する地方組織の体制を強化することや、農地の集約を進めるため、改正農業経営基盤強化促進法に基づく地域計画づくりを推進する体制の強化も図ることにしている。

さらに、2030年の農林水産物・食品の輸出額5兆円の目標達成に向けて、輸出・国際局国際地域課に「海外連携推進室(仮称)」を設置して海外の支援体制の強化を図るとともに、輸出証明書の発給体制た地理的表示の不正使用の監視体制の強化を図る方針で、来年度の組織・定員要求に盛り込むことにしている。

最新の記事

シンジェンタポータルフェーズ:右上長方形SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る