2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原バイオサイエンスヘッドSP:ネマトリンエース
FMCプレバソンPC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

福岡県が肥料価格上昇分の85%まで上乗せ助成へ 9月補正予算で緊急対策2022年9月20日

一覧へ

肥料価格の高騰が続く中、福岡県は肥料価格の上昇分を助成するなどの緊急対策を盛り込んだ補正予算案を編成した。国が肥料価格上昇分の7割を補てんする農家に対し、さらに15%を上乗せして助成する。国と県を合わせて価格上昇分の85%を支援することになる。

福岡県は緊急対策などの実施に向けて新たに一般会計の総額で800億円余りの補正予算案を編成し、9月県議会に提案した。
このうち「コロナ禍における原油価格・物価高騰等総合緊急対策」の中で、「ワンヘルス推進につながる化学肥料低減を支援」に約23億円を盛り込んだ。
化学肥料の低減に積極的に取り組む農業者に対し、今年6月から来年3月までに購入した肥料代について、国の「肥料価格高騰対策」の助成に県独自で上乗せ支援するもので、国の支援と合わせて肥料価格の上昇分の85%を支援する。

また、 飼料価格高騰の影響を受ける畜産農家への支援に向けて、県独自で飼料代を助成するため約13億2800万円を盛り込んだ。配合飼料と乾牧草について、今年7月から来年5月までに購入する飼料代について、基準価格から上昇した分の半額を補助する。

福岡県農林水産部は、「急激な肥料の高騰で農家の負担が増ており、化学肥料の削減に取り組む農家の方に対して幅広く支援していくことにした」と話している。

最新の記事

シンジェンタポータルフェーズ:右上長方形SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る