左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農政:TPP阻止へ! 現場から怒りの声

全国に運動の火を TPP何としても阻止【熊本県・JA阿蘇代表理事組合長 原山寅雄氏】2016年11月2日

一覧へ

 熊本県農政連は11月1日から2日にかけて国会周辺で「TPP抗議行動」を行った。JA阿蘇の原山代表理事組合長に思いを聞いた。

【熊本県・JA阿蘇代表理事組合長 原山寅雄氏】
熊本県・JA阿蘇代表理事組合長 原山寅雄氏 今、全中もまったくへっぴり腰だ。いちばん大事なときに、農政連が何の活動をしているかといえば、お願いしかしていない。お願いは活動ではない。行動を起こさなければ。そういう意味で熊本県単独でもと、集まった。政府寄りの姿勢を各農協の組合員はそれを認めているわけではない。みんなが期待しているのは上部団体だからリーダシップをとってほしい。
 TPP協定で、国内で同じ畜産農家、酪農家が競争しなければならなくなる。それだけではない。熊本は地震被害でJA共済で200億円の共済金支払いがあった。このJA共済をISDS条項で訴えられて信共分離が進められたら、だれが農家、組合員に出すのか。われわれの組織は組合員の生命と財産を守る。これが大事なことだ。医療もものすごく高い診療費を払わなければ診療を受けられなくなる。
 若い人たちが大変なことになる。一生懸命に農業をしている人たちが将来に不安を持っている。それがTPPだ。それを阻止しなければだれかが声を上げなければ、このまま飲まれていく。東北でもTPP反対ではないか。全国に火が点かなければならない。
 持続可能な農業というが、中山間地域で法人化も機械化もむずかしい。日本の農業は家族農業で成り立っている。
 どこでも農政連と協定を結んで国会議員を推薦してきた。しかし、何ひとつ守られていない。すみません、撤回しますで通るのか。農協の理事会では絶対にそんなことは通らない。TPPはなんとしても阻止。全国の農協に立ち上がれ、といいたい。

(関連記事)
担い手の将来が不安【熊本県・JA菊池 養豚農家 石淵大和氏】 (16.11.02)

離党してでも反対、なぜいない【熊本県・JA阿蘇 肉牛繁殖農家 塚本秀典氏】 (16.11.02)

やめない米づくり【熊本県・JA鹿本代表理事組合長 三浦一水氏】 (16.11.01)

霞ヶ関でTPP反対 熊本県農政連が座り込み (16.11.01)

最新の記事

コルテバアグリサイエンスSP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

解説・提言

topへ戻る