左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農政:TPP阻止へ! 現場から怒りの声

離党してでも反対、なぜいない【熊本県・JA阿蘇 肉牛繁殖農家 塚本秀典氏】2016年11月2日

一覧へ

 熊本県農政連は11月1日から2日にかけて国会周辺で「TPP抗議行動」を行った。集まった農家に思いを聞いた。

【熊本県・JA阿蘇 肉牛繁殖農家 塚本秀典氏】
熊本県・JA阿蘇 肉牛繁殖農家 塚本秀典氏 自民党の国会議員に嘘ばかり言うなといいたい。今までわれわれは一生懸命応援してきたのに、どういうことですか、と。
 自民党を離党してでも反対するという人は誰もいないではないか。
 TPPが発効すれば打撃を受けるのは畜産だけではない。野菜農家だって果樹農家だってみんな影響を受ける。それだけではない。消費者も打撃を受けますよ。アメリカの牛肉、輸出用は成長ホルモン剤を使っています。消費者はそういうことも知ってほしい。

(関連記事)
全国に運動の火を TPP何としても阻止【熊本県・JA阿蘇代表理事組合長 原山寅雄氏】 (16.11.02)

担い手の将来が不安【熊本県・JA菊池 養豚農家 石淵大和氏】 (16.11.02)

やめない米づくり【熊本県・JA鹿本代表理事組合長 三浦一水氏】 (16.11.01)

霞ヶ関でTPP反対 熊本県農政連が座り込み (16.11.01)

最新の記事

コルテバアグリサイエンスSP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る