左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農政:TPP阻止へ! 現場から怒りの声

農業の現実見ない採決【山口県・JA周南 金子光夫 経営管理委員会会長】2016年11月9日

一覧へ

【山口県・JA周南 金子光夫 経営管理委員会会長】
 十分な審議もなく、農水大臣の発言問題などで、なにがなんだか分からないうちに特別委員会で強行採決されました。こうなるとあとは参議院の審議に期待するしかありません。輸入米のSBSや食の安全性など、まったく審議不足です。管内は中山間地が大半で、TPPによってますます農業が厳しい状態に置かれることが予想されますが、その対策も何一つ示されていません。
 TPPが締結されると農業は守れないから対策を講じるというのが、農水省の考えだったはずです。それがいまは、農業の産業化ばかりいうから、それしか興味がなくなり、現実の農業・農村を見なくなっているように感じます。業を煮やし、TPP締結を見越して、その後のことを考える農家も出ています。JAの経営もゼロ金利で難しくなっています。JAはこれから内部統制のための対策をしっかりやらなければなりません。

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る