農政 特集詳細

特集:緊急企画:許すな!日本農業を売り渡す屈辱交渉

2018.10.11 
TAGはどこにいる? 日米共同声明全文を和訳し比較する(3)一覧へ

 本ページでは日米共同声明の第4項および第5項を比較する。

(参考資料。いずれもPDF)
声明全文(英文)
在日米国大使館(米国大使館)
外務省(日本国外務省)
JAcomの訳文


<第4項>

4. Japan and the United States also intend to have negotiations on other trade and investment items following the completion of the discussions of the agreement mentioned above.

 

(米国大使館)
4. 米国と日本はまた、上記協定の議論が完了した後、貿易および投資に関する他の項目についても交渉を開始する。

 

(日本国外務省)
4. 日米両国はまた,上記の協定の議論の完了の後に,他の貿易・投資の事項についても交渉を行うこととする。

 

(JAcom)
4. 日本と米国はまた、上記協定の議論が完了した後に、他の貿易・投資に関する項目についても交渉を行うつもりである。

 

<第5項>

(英文)
5. The agreement mentioned above is designed to be mutually beneficial,and,in conducting those negotiations,Japan and the United States will respect positions of the other government: For Japan,with regard to agricultural,forestry,and fishery products, outcomes related to market access as reflected in Japan's previous economic partnership agreements constitute the maximum level; and For the United States, market access outcomes in the motor vehicle sector will be designed to increase production and jobs in the United States in the motor vehicle
industries.

 

(米国大使館)
5. 上記協定は、双方の利益となることを目的とし、米国と日本は、交渉を行なう際、相手国政府の立場を尊重する。米国としては、自動車分野における市場アクセスの結果は、米国自動車産業の製造および雇用の増加につながることを目指すものとする。日本としては、農林水産品について、日本の過去の経済連携協定に反映されている市場アクセスの譲許内容を最大限とする。

 

(日本国外務省)
5. 上記協定は,双方の利益となることを目指すものであり,交渉を行うに当たっては、日米両国は以下の他方の政府の立場を尊重する。
―日本としては農林水産品について,過去の経済連携協定で約束した市場アクセスの譲許内容が最大限であること。
―米国としては自動車について,市場アクセスの交渉結果が米国の自動車産業の製造及び雇用の増加を目指すものであること。

 

(JAcom)
5. 上記協定は、双方にとって利益となることを意図するものであり、日本と米国はそれらの交渉を行う際には、相手国政府の立場を尊重する。
- 日本としては、農林水産品について、日本の過去の経済連携協定に反映されている市場アクセスに関係する譲許内容を最大限の水準とする。
- 米国としては、自動車分野における市場アクセスの結果が米国における自動車産業の製造および雇用の増加を目指すものとする。

 

日米共同声明 第6項および第7項を比較

一覧はこちら


このページの先頭へ

このページの先頭へ