人事2024 左バナー 
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
240401・ニッソーグリーン マスタピース水和剤SP
FMCプレバソンPC
FMCプレバソンSP

農政:全国会議員に聞く「どうするのかコロナ危機」

舩後靖彦 れいわ新選組 参議院議員【緊急特集 全国会議員に聞く「どうするのかコロナ危機」】2021年9月7日

一覧へ

舩後靖彦 参議院議員舩後靖彦 参議院議員

○舩後靖彦
○れいわ新選組
○参議院議員
○選挙区:参議院比例区
○出身地:岐阜県岐阜市

【1】現在の政府のコロナ対策についての評価
【舩後】
現在、第5波を迎え、多くの新型コロナに感染した人たちは入院できず、自宅療養のさなかに亡くなっている事例も出ています。

私たち「れいわ新選組」は「新型コロナを国が自然災害同様の災害と認定し、災害法制を駆使して封じ込めを行うべきだ」と昨年から申し上げてきました 。しかしながら、 政府はコロナ対策に本腰を入れず、新規陽性者と重症者が爆発的拡大す
るさなか、五輪を強行しました。 真剣味が足りないと、私は感じています。

早急にコロナ対応の緊急補正予算を成立させるために臨時国会を開くべきです。

【2】今後のコロナ対策についての提案
【舩後】
党としてのコロナ対策としては、以下のような提案をしております。

まずは3カ月程度で徹底対策を行います。具体的には、いの一番に「経済活動再開よりも感染拡大防止優先」の政策を行います。そのために、国が巨額の補正予算を組んで、個人への給付や各種支払の減免、事業者に対する損失補償(「徹底補償付き
ステイホーム」)を行い、経済活動停止の影響を緩和します。

この期間に、速やかに重症化を防げるだけの医療環境、徹底した検査と追跡体制を確立します。ワクチンだけではなく、効果がある治療薬についても国が支援して確保し、感染しても重症化を防げる体制を作ります。

【3】 コロナ禍で見えてきた日本の政治の在り方について思うこと
【舩後】
コロナ発生前から25年以上続くデフレ経済の中で、一握りの経済的勝者とそれ以外の格差が生まれてきたと感じています。コロナ発生で更に、収入や職を失い追い詰められた人たちが相次いでいます。「自己責任社会」からの転換が不可欠で、
そのためには圧倒的な公助の拡充がまず必要と、私は考えています。

緊急特集 全国会議員に聞く「どうするのかコロナ危機」

重要な記事

日本曹達_ナブ乳剤_SP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る