BASFヘッドPS:バスタ液剤210125
JA全中中央①PC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

農政:全国会議員に聞く「どうするのかコロナ危機」

松下新平 自由民主党 参議院議員【緊急特集 全国会議員に聞く「どうするのかコロナ危機」】2021年9月15日

一覧へ

松下新平 参議院議員松下新平 参議院議員

○松下新平
○自由民主党
○参議院議員
○選挙区:宮崎県
○出身地:宮崎県宮崎市(旧高岡町)

【1】現在の政府のコロナ対策についての評価
全国各地で感染者数の減少傾向が見られるようになりつつありますが、重症者数は高い水準が続いており、依然として予断を許さない状況にあります。
こうした中、現在、政府では、10月から11月の早い時期には、希望者全員のワクチン接種を完了するべく、取組が進められております。厚生労働省から示された試算では、ワクチン接種により、65歳以上の高齢者について、7月から8月で感染者数を10万人以上、死亡者数を8,000人以上減少させることができたとされており、ワクチン接種加速化による効果は着実にあがっております。
しかし、この一方で、先般の記者会見において、菅総理から「大きな反省点がある」とされたように、医療体制の確保については、感染力の強いデルタ株の流行により、十分とは言えない状況となっており、早急に充実・拡充させる必要があります。より一層、国民の皆様からの様々な声を丁寧にお聞きし、政府・与党の一員として、しっかりと取り組んでまいります。

【2】今後のコロナ対策についての提案
コロナ対策については、医療体制の確保をはじめとする現下の課題解決に向けた取組が最も重要です。この一方で、コロナ禍で進んだテレワークなどの取組を一時的なものとしないためにも、コロナ後の社会の在り方を見据えた議論が、今後、求められてくるものと考えます。
政府・与党の一員として、まずは現下のコロナ対策に全力を挙げて取り組むとともに、コロナ後の社会の在り方についても、不断の検討を進め、国政に反映してまいります。

【3】コロナ禍で見えてきた日本の政治のあり方について思うことがありますか?
コロナ禍においては、緊急事態宣言の発令・解除をはじめ、専門家の意見を踏まえながら、重要な政治的決断を求められる局面が多くあります。
政治家の果たすべき役割は、国の進むべき大きな方向性を示し、物事を前に進めていくことであると考えております。改めて、こうしたことを肝に銘じ、政府・与党の一員として、国政に取り組んでまいります。

緊急特集 全国会議員に聞く「どうするのかコロナ危機」

最新の記事

シンジェンタミネクトブラスター:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る