Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMC(SP)トップバナー
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
JA全中中央SP

農政:全国会議員に聞く「どうするのかコロナ危機」

猪口邦子 自由民主党 参議院議員【緊急特集 全国会議員に聞く「どうするのかコロナ危機」】2021年9月16日

一覧へ

猪口邦子 参議院議員猪口邦子 参議院議員

○猪口邦子
○自由民主党
○参議院議員
○選挙区:千葉県
○出身地:千葉県

【1】現在の政府のコロナ対策についての評価
これまでのコロナ対策は、ワクチン接種が遅い、病床が足りない、経済的補償が遅い、PCR検査が足りないなどの指摘もあり、反省すべき点があることは事実と考えている。問題点は今後しっかりと検証した上で、必要な見直しを行いたい。一方、欧米と比較すると、感染者数は死亡者数は極めて低水準に抑えられており、国際的には評価されるべきものと考えている。国民お一人お一人の努力と医療現場をはじめとするコロナに関係する方々の努力に感謝したい。

【2】今後のコロナ対策についての提案
何よりも国民の命を守るため、コロナに対応する病床・医療人材の確保に取り組むとともに、酸素ステーションや臨時の医療施設の設置を全国各地で進める必要がある。また、ワクチンの速やかな接種と治療薬の早期承認・確保などに加え、長期戦を見据え、ワクチン・治療薬を国内で開発・生産できる体制を確立することが必要である。さらに、秋頃には希望する国民へのワクチン接種が完了すると見込まれるが、社会経済活動の制限緩和に向けた道筋を示すことが必要である。

緊急特集 全国会議員に聞く「どうするのかコロナ危機」

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る