Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMC(SP)トップバナー
JA全中中央①PC
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

農政:全国会議員に聞く「どうするのかコロナ危機」

阿久津幸彦 立憲民主党 衆議院議員【緊急特集 全国会議員に聞く「どうするのかコロナ危機」】2021年9月24日

一覧へ

阿久津幸彦1.jpg阿久津幸彦 衆議院議員

○阿久津幸彦
○立憲民主党 外務部会長
○衆議院議員
○選挙区:比例区東北
○出身地:東京都

【1】現在の政府のコロナ対策についての評価
(1)ワクチン接種の問題点と今後の課題
初動対応の遅れがひどかった。
日本製ワクチンの開発が現時点でできなかったので急ぐこと。
5~11歳の子どもたちに接種するかを、諸外国の例に学び、慎重に検討すること。

(2)医療体制の問題点と今後の課題
医療関係者は、2020年夏から休みもなく本当によく頑張った。
特に、菅政権下では政府分科会と連携がうまく取れなかったので改善を望む。

(3)国民生活や経済活動の規制への補償
自粛要請と補償はセットにすべき。時差があっても混乱を生む。
憲法を変えることなく、法整備の強化は可能だが必要性は感じられない。

(4)検査体制の拡充について
水際対策を含め、PCR・抗原検査等十分になされていない。オリパラ開催によってあけた穴は計り知れない。

【2】今後のコロナ対策についての提案
東日本大震災の復旧・復興から学ぶことは多い。
1.コロナ対策の一元化を行うため、総理直轄で官房長官トップの司令塔(例えば、「コロナ対応調整室」)を設置。
権限と役割を整理し、専門家チームとも連携強化する。

2.心のケア対策強化(至急);震災関連死ならぬ「コロナ関連死」を最小化すべき。
(cf:東大大学院仲田泰祐准教授の試算では、約6,200名がコロナ禍関連死)
具体策は、(1)ひとり住まいの高齢者等への見守り支援(2)国民全体への一律10万円特別定額給付金の再給付。

【3】コロナ禍で見えてきた日本の政治のあり方について思うことがありますか?
東日本大震災や阪神淡路大震災でもそうだったが、もともと存在し潜んでいたコミュニティの「脆弱部分」が顕在化してしまった。
コロナ禍で、より多くの影響を受けた方々に政治が向き合い不幸を最小化すべき。
キーワードは、貧困、格差、シングルマザー、ジェンダーギャップ、子ども、学生、ホームレス、外国人...etc

緊急特集 全国会議員に聞く「どうするのかコロナ危機」

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る