Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:カスケード
ベリマークSC:FMC(PC)センター
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

農政:全国会議員に聞く「どうするのかコロナ危機」

菅直人 立憲民主党 衆議院議員【緊急特集 全国会議員に聞く「どうするのかコロナ危機」】2021年9月27日

一覧へ

菅直人_1.jpg菅直人 衆議院議員

○菅直人
○立憲民主党
○衆議院議員
○選挙区:東京都18区
○出身地:山口県

【1】現在の政府のコロナ対策についての評価
(1)ワクチン接種の問題点と今後の課題
ワクチン接種の開始が遅れ、ワクチンの確保も遅れた。

(2)医療体制の問題点と今後の課題
保健所が減らされ、感染症対策の体制が弱くなっている。自治体ごとに保健所を設置すべき。

(3)国民生活や経済活動の規制(「外出自粛」「営業自粛」「リモート作業」等)への補償
経済活動を規制する場合には、それに伴う補償をしっかり行うべき。

(4)検査体制の拡充について
PCR検査など検査の拡充が遅れた。今後そうしたことのない体制を国の責任で確立すべき。

【2】今後のコロナ対策についての提案
家庭内での感染拡大を防ぐため、感染者を隔離し、食事提供と少なくとも1日1~2回の医師による診断を実施できる体制を、自治体ごとに準備する。

【3】コロナ禍で見えてきた日本の政治のあり方について思うことがありますか?
感染症に対するワクチンの開発を国が支援するなど、長期的な展望を持って対策を講じるべき。

緊急特集 全国会議員に聞く「どうするのかコロナ危機」

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る