人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
ヘッダー:FMC221007SP
JA全中中央①PC
日本曹達 231012 SP

農政:全国会議員に聞く「どうするのかコロナ危機」

左藤章 自由民主党 衆議院議員【緊急特集 全国会議員に聞く「どうするのかコロナ危機」】2021年10月26日

一覧へ

左藤章 衆議院議員左藤章 衆議院議員

○左藤章
○自由民主党
○衆議院議員
○選挙区:大阪府2区
○出身地:福井県

【1】現在の政府のコロナ対策についての評価
(1)ワクチン接種の問題点と今後の課題(2)医療体制の問題点と今後の課題
ワクチン接種に関して、供給側と受け入れ側(都道府県とそれぞれの医療関係者)との連携が悪く、最初は戸惑ったが時間と共に動くようになった。ただ、地方自治体と医療関係者の連携のまずさ(特に大阪は)は課題である。

(3)国民生活や経済活動の規制(「外出自粛」「営業自粛」「リモート作業」等)への補償
規制をする国、知事の判断が定まらず混乱をしていたが、各種補償はある程度良くなった。しかし一般小売業を中心に大幅売り上げ減に対応できておらず、不満も残っている。これらの方々、一人親の方や低所得者に対しては補償も含んだ支援をすべき。自粛については不満も残っているがおおむね良と思っている。

(4)検査体制の拡充について
検査体制はPCR検査の充実が今後の課題。特に、早く安価でできる様な体制に作り直すべき。

【2】今後のコロナ対策についての提案
国産ワクチン、治療薬の研究開発を更に進め、研究開発費の国からの支援やワクチン等の在庫リスクも国で負担すべき。

【3】コロナ禍で見えてきた日本の政治のあり方について思うことがありますか?
感染症対策が不十分であり、今後は国と地方の責任、役割分担を明確にすべき。知事が国へ責任を問うだけでは問題解決にならない。

緊急特集 全国会議員に聞く「どうするのかコロナ危機」

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る